img7.gifimg7.gifimg7.gif

 大正14年(1925年)生まれ。北海道に育つ。幼少より剣道・空手道に親しむ。海軍飛行隊員として終戦を迎える。

昭和23年和道流流祖大塚博紀に出会い、その精妙な技法に打たれ、師事する。北海道における和道流の普及に尽力した後、昭和33年上京。

忙しい会社勤めの合間に、多くの大学・道場にて指導、その卓越した技術と飾らぬ誠実な人柄で多くの瀬田松ファンを獲得した。

会社を定年された現在、声がかかれば国の内外を問わず気軽にどこへでも出向き、自ら体を動かして指導される姿は、見るものの心に感動を与えずにはおかない。

平成22年冬には、待望の瀬田松杯空手道競技会、ハジキテクニックセミナーを開催、独自の「ハジク」技法を紹介し健在振りをアピールしたことは記憶に新しい。

 

戻る