img4.gif 

成武護国学院設立の動機

 

小学生の校内暴力、イジメを苦にした自殺、児童を狙った殺傷事件、麻薬の売買、窃盗、集団暴行の少年犯罪が蔓延している昨今、私は平和な暮らしを望む人々が傷ついている現実を黙視出来ません。子供たちが、人の道から外れないために必要な道徳心と自制心を養うことと、護身術としての技の数々を修得することを期して設立致しました。

 

特徴

 

成武護国学院は、徳育・体育・知育を推進しております。

徳力・体力・知力を養うことが目的です。この目的を達成するため、「英語で学ぶ道徳心」と「英語で学ぶ空手道」が学修目標です。

英語で学ぶ理由は、急速に国際化が進む現代で、実際生活に即し、自発精神を養い、自他の敬愛と協力によって、文化の創造と発展に貢献出来る人格の完成を目指すからです。この理想の実現に向け、英語・道徳・空手道を密接させた教育に努めています。

実践教育を目指し、毎年3月にカリフォルニア遠征と11月にハワイ遠征を実施しています。

 

英語で学ぶ道徳心

英語で学ぶ空手道

 

「英語で学ぶ道徳心」を徳知課目と呼んでいます。

徳知課目では、道徳心を養い、人格を高め、英語の「書く・読む」能力を養います。

「英語で学ぶ空手道」を体知課目と呼んでいます。

体知課目では、自制心を養い、肉体の健全な発育をはかり、衛生知識を与え、英語の「聞く・話す」能力を養います。

 

徳知課目の項目と内容

 

正義

勇気を伴って為される決断力。道理にまかせて決断をし、いささかもためらうことをしない心を学びます。

勇気

正義を成す心を学びます。

敢為

物事を推し通す、最後まで貫く精神を学びます。

堅忍

怒りをおさえて相手を許す精神を学びます。

他を思いやりいつくしむ心を学びます。

惻隠

かわいそうだと思い同情する心を学びます。

礼儀

社会の秩序を保つために、人間が守るべき作法を学びます。

真実

ウソ偽りがない心を学びます。

誠実

言動にウソ偽りやごまかしが無く、常に自分の良心の命ずるままに行動する態度を学びます。

名誉

一家を誇りに思い、名を汚さぬよう恥を知る心を学びます。

 

体知課目の項目と内容

 

体知課目の項目と内容一覧を参照

 

 

天を敬い、非戦闘的で非抵抗的である柔和の高みを究め、自分を愛す心を持って人を愛す道

 

流儀

 

和道流が基礎となります。

段位修得後は並行して国際武道院範士瀬田松弘昌八段の和心八紘瀬田松空手道を学びます。

 

道場訓

 

一、

怒りと欲を棄てること 

一、

人が自分を咎めても、自分は咎めぬこと

一、

人が自分を怒っても、自分は怒らぬこと 

一、

人からどんなに悪く言われようとも悪口を返すのではなく、自分の義務の遂行にもっと忠実でいられたかどうか反省すること 

一、

人を相手とせず天を相手として力を尽くし、人を咎めず自分の誠の足りないことをいつも反省すること

 

空手道の安全性

 

空手道の稽古は、組み合って投げたりせず、また武器を持って打ち合うこともありません。ただし、二人が対峙し突きや蹴りを用いて行う「組手」という稽古はありますが、技は当たる前に止めるいわゆる寸止めで、怪我をする危険性は極めて少ないです。それに加え、最善の注意を払い、顔面及び頭部を護るメンホーや、胸部及び腹部を護る胴プロテクター、固い拳を分厚いスポンジで護る拳サポーター、股間を護るファウルカップを着用して行います。

組手稽古の目的は、突然自分の身に危険が迫るような非日常的状況に陥った際、冷静な判断と的確な行動をとり、回避するために必要な「勇気」と「決断力」を養うためです。

空手道は武道であり、武道とは平和を求む道です。闘う相手は人ではなく、己の中に潜む迷いや悩み、不安や恐怖、苦しみであり、それらには打ち克たなくてはなりません。広い心を育み、天を敬い柔和の高みを究め、自分を愛す心を持って人を愛す道を歩み、人類の平和に貢献することが武の道です。

 

 

成武護国学院のMENU